仲介手数料と宅建取引業法(宅地建物取引業法)

敷金、礼金と仲介手数料

まず、仲介手数料は敷金、礼金とは別の物です。
敷金は、退去後の修理等に使うために最初に預けるお金のことで、きれいに使っていれば退居後にいくらか返ってきますが、私は網戸を壊してしまったので返ってきませんでした。
礼金は、戦後、戦争で家を失った人が家を貸してくれた大家さんにお礼の意味を込めて渡していたお金のことで、それが今でも続いているそうです。
そして仲介手数料は、現場の下見や、写真撮影、情報提供など、大家さんと借手の間に入った不動産会社に支払うお金となります。
手数料は宅地建物取引業法で「賃貸料の一か月+消費税が上限」と全国一律で決められていて、私が思っていた「敷金、礼金、家賃二か月分」の二か月分というのは、家賃前払い分と仲介手数料分で約家賃二か月分に相当するということだったのです。
ただ本来は半月分なので、一か月分というのは借手が了承した場合のみ適応されますので、まずは説明があると思われます。

仲介手数料が無料になることもあります

敷金、礼金は大家さんに支払われるため、不動産会社は仲介手数料が主な収入源になるそうです。
それなのに無料になる時は、何かしら他の部分で借主にお金を請求していたり、大家さんから広告料が支払われている時だそうです。
大家さんからの広告料が何なのか調べてみると、長い間借り手が見つからない等の時に、不動産会社に優先的に紹介してもらうように支払われるお金のようです。
長い間借り手が見つからない、と聞くと何か問題がある部屋なのかと思ってしまいますが、必ずしもそうとは限りませんし、交通の便が悪い、建物が古い、部屋が小さい、などの理由はあっても、それでもかまわないという方には初期費用も抑えられて良いかもしれません。
ただ、手数料無料の物件を探そうとすると、紹介してもらえる物件の範囲は狭まってしまうようです。
仲介手数料の有無だけで決めてしまわずに、不動産会社と相談して納得のいく物件を探しましょう。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ