売買時の仲介手数料や相場は?

建売一戸建て、マンションを購入したい

建売やマンションの場合も賃貸と同じように宅地建物取引業法によって、400万円以上の物件を購入する場合には「価格×3%+6万×消費税」が上限になるそうです。
価格に×3%しただけでも大きな金額なのに、さらに+6万円した金額が上限だそうで驚きました。
この6万円、という金額は、不動産会社の計算方法で、細かく計算した時と大まかに計算した時の差額分だそうですが、あえてプラスしなくても安いほうでいいじゃないか。と思ったのが私の本音ですが、それはさておき、ちゃんと上限があると知って安心しました。
ただし、売主が不動産会社を通してない場合もあり、その場合は手数料は必要ありません。
また、不動産会社が仲介ではなく代理として販売している場合は、売主の意思で手数料の有無が決まるのですが、売主から直接購入する時以外は手数料がかかると思っておいた方が良いかもしれません。
色々なケースがあり難しいですね。

注文住宅の場合

私の家は土地探しから建て終わるまで工務店にお願いしましたが、そういえば、担当の方が「自分たちが所有している土地はここと、あそこと。」などと説明していたような記憶があります。
家を建てる場合にはまず土地を探さなければなりませんが、ここで宅地建物取引業法が関わってきます。
工務店やハウスメーカーが土地をすでに買い取っていて、自社分譲地となっている場合は直売になるため仲介手数料はかかりませんが、自社分譲地ではない土地を紹介してくれた場合は工務店やハウスメーカーに手数料がかかります。
自力でどこかの不動産会社から土地を購入すれば、不動産会社に手数料がかかります。
自分で地主と交渉して購入する場合と、工務店などの自社分譲地ではない限り、どこかに仲介手数料が発生するそうです。
注文住宅の場合は仲介手数料が関係するのは土地のみで、建物に関しては仲介手数料はなく、建築基準法が関わってくるのでまた別のお話になります。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ