仲介手数料は不思議

賃貸のカラクリ

自宅を貸す場合は、契約によって自宅に戻ることが出来なくなることがあるので、契約の種類を確認しておきましょう。
大家さんになった場合はめぞん一刻の音無響子さん(ご存知でしょうか)のように、アパートの前を掃除するか、管理を管理会社に任せるかなどやることはたくさんあります。
しかし、今回の本題は仲介手数料と相場なので、こちらをご説明したいと思います。
不動産会社に仲介を依頼した場合は、借主の時と同様「家賃一か月分+消費税」が上限なのですが、実はこれは不動産会社が双方から受け取ることのできる金額の上限なのです。
では、先にお話したように借主が一か月分の手数料を支払った時はどうなるのでしょうか。
その場合、仲介手数料ではなく、広告宣伝費などとして不動産会社に支払います。
最近は借手の手数料が1か月分になっていることが多いことから、貸手は仲介手数料というよりは紹介料などとして支払うケースが多いようです。

建物、土地を売ります!

売手になった場合を調べていた時に、多くの人が『条件が合わずトラブルになりやすいので個人売買はなるべく避けるように。』と書いてありました。
相場の査定は会社で基準が違うので、何社かに依頼した方が良いそうです。
本題は仲介手数料がいくらかかるかですが、調べてみると400万円以上の場合は「価格×3%+6万円×消費税が上限」でした。
そうなんです。買う時と同じなんです。
しかし、賃貸の場合と違うところは2種類の取引方法があることです。
売手が依頼した不動産会社が1社の時に契約が成立すれば、双方から手数料をもらえ、両手取引と言います。
不動産会社が受け取る手数料が2倍になります。
売手の依頼先が2社で契約が成立すれば片方は売手から、片方は買手から手数料をもらうことになり片手取引と言います。
つまりは売却時は必ず決められた金額を支払わなければならないということです。
ここぞという時のために覚えておきましょう。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ